火曜日, 7月 23
Shadow

ケアマネージャー

待遇アップさせるなら資格を取ろう!

介護の世界には様々な職種があります。メジャーなのは介護士ですが、仕事が大変な割には給料が低いことが問題になっています。 各業界の中でも需要が高く、なりやすい職種には違いがありませんが、それゆえに競争も激しく、待遇が良い場所を勝ち取るのは至難の技です。 ある程度稼げるようになるためには、国家試験に挑戦することを考えた方がいいでしょう。 もし、ケアマネージャーになるには、国家資格を取得して5年の実務経験が要されるので、それだけの歳月が必要になります。 ケアマネージャー1本で目指すのではなく、別の職種を狙いつつ最終的にケアマネージャーを取ってみる方がいいかもしれません。 また、専門学校に行って資格を取得するタイプのものは、若い人に人気が高くなっています。 看護師もそうですが、作業療法士も人気を上げてきている現状があります。作業療法士というのは、リハビリテーションを担当する医療職のことです。 リハビリのお医者さんとも呼ばれていて、病院施設はもちろん、老人保険施設でも重要な役割を果たしています。 老人保険施設でリハビリはメインとなるケアであり、施設では日常的にリハビリが行われています。特に高齢者は怪我などをしていなくても、リハビリが必要なのです。放っておくと運動不足が進行して、最悪の場合は寝たきりになってしまうこともあるでしょう。適切にリハビリを指導して、最悪の事態は回避しなければなりません。 そのための手助けをする作業療法士の仕事は、これから高齢化が進む中でさらに需要が高まることが見込まれます。 その他にも、介護の世界には色々な職業が存在しています。 介護士から専門性を磨いてキャリアアップしていくことで、給料が上がることはもちろん、転職にも有利です。資格取得のためには歳月を要するものが多いため、早い内から介護業界で目指せる専門職をきちんと調べて...