介護福祉士

国家資格「介護福祉士」を目指すルート

業界でも重要となる介護福祉士の資格を取得する方法は、大まかに分けると二種類あります。 一つは福祉系の専門学校や大学等の養成機関を卒業して、試験に合格して取得する方法です。 そしてもう一つの方法が介護職員初任者研修を修了し、業界に就職してから3年間ほど実務経験を積んで、実務者研修を終了して取得する方法となっています。 どちらも取得できる資格に違いはありませんし、扱いも一緒ですが、人によって都合の良し悪しは変わってきます。 福祉系の大学へ入って取得する方法は、大学卒業という肩書を得られます。もし将来的にしっかりキャリアを積んでいきたいと考えているのなら、大学の方向性を考えてみるといいでしょう。 また逆に、高校卒業後に直ぐに働きたい方は、とりあえず就職して仕事をしつつ経験を身につけて行く流れになります。大学卒業の肩書はなくても、早くから働くことで収入を得ることが出来ますし、技術を磨いていくことが出来ます。高校生の方はその点をよく踏まえて、最適な道へ進んでいくことが大切です。 ちなみに、介護資格のはじめのステップである介護職員初任者研修は通信教育でも取得することが出来るため、介護施設で働きながら取得することが可能です。実務経験を積みながら勉強をすることになれば、より資格もスムーズに取得できるでしょう。 将来どのようなキャリアを築いていきたいかを考えて、大学か高校かを選択してみてください。